金属射出成形(MIM)Metal Injection Molding

MIM(Metal Injection Molding)とは

What`s “Metal Injection Molding”?

複雑形状の金属部品を製造するMIM

MIMは樹脂成形技術と粉末冶金の技法を組み合わせた画期的な金属部品製造法です。 従来の粉末冶金法における圧粉成形工程の代わりに、プラスチック射出成形工程を代替させ、複雑形状の部品をほとんど仕上げ加工の必要がないニアネットシェイプ(最終製品に近い形状)で製造できます。

複雑形状の金属部品を製造するMIM

MIMのメリット(従来工法と比較して)

金属部品の製造にはダイキャストやロストワックスなどの鋳造、鍛造、機械加工、プレス加工など様々なものがあります。 これらの工法とは異なりMIMは、原料に金属粉末を使用し、つなぎ(バインダー)を加えて射出成形した後、脱脂・燃結することで高精度な金属部品をつくる技術です。 量産性に優れており、切削加工などの後加工が少なく、自由に配合した材料を使用することができるなど、従来工法と比較して際立った特長があります。

鋳造

  • 鋳造(一般)
  • ダイキャスト法
  • ロストワックス法

鍛造

  • 熱間鍛造
  • 冷間鍛造

機械加工

  • 切削・切断・研磨

プレス成形

  • 打ち抜き・絞り

粉末冶金

  • 圧粉焼結法
  • MIM法
  • 金属積層造形

従来工法とMIMの違い

  製造コストの
安価性
量産性の
高さ
後処理の
容易性
機械的特性の
強さ
寸法精度の
高さ
材料の自由度
の高さ
形状の自由度
の高さ
MIM
切削加工 ×× ×
ダイキャスト法 ×× ×
ロストワックス法 ×
鋳造法 × ×
鍛造法 × ×
圧粉焼結法 × ××

MIMは「量産性の高さ」・「後処理の容易性」・「機械的特性に強さ」・「材料の自由度の高さ」でメリットが発揮できます。ゆえに、信頼性が必要な難加工材料、複雑小物の高精度部品に適した工法と言えます。