金属射出成形(MIM)Metal Injection Molding

大阪冶金興業のMIMの特長

The Features of Osaka Yakin`s MIM

大阪冶金興業のMIMの特長は、長年培ってきた真空熱処理をベースにした高い技術力です。粉末材料の開発から、複雑小物部品・難加工金属への適用、高密度な 部品の提供や大型部品の製作など、独自の技術力で高度なニーズに対応します。

大阪冶金興業のMIMの特長

粉末から開発可能

材質的にはチタンを初め、幅広い材料の粉末を製造可能であり、一般的でない材料の部品化において、粉末の開発からスタートすることが可能です。円筒インゴットを電極として誘導加熱によって直接溶解アトマイズを行うガスアトマイズ装置にて、タンディッシュに汚染されない球状粉末を製造することができます。

  • ガスアトマイズ装置
  • 模式図(ALD Vacuum Technologies GmbH社提供)
  • 金属粉末
  • 粉末の電子顕微鏡写真

大物部品の製作が可能

180ton射出成形機(2015年導入)

MIM製法で対応できる部品の大きさの目安として50g程度までと一般的には言われておりますが、400gを超えるMIM部品の実績があります。また、更なる大型複雑形状の製造を可能にする180ton射出成形機を導入。最大寸法250×40×10mm・500g超の製品も成形可能です。

加圧焼結(HIP)による高密度化が可能

加圧焼結(HIP)

真空炉による焼結に加えて不活性ガスによる加圧状況下での焼結が可能であり、更なる高密度・強度・寸法安定性を得ることができます。

検査・分析

高い品質を必要とする部品の検査・分析を自社設備にて行なうことが可能です。
3次元測定装置(接触式・レーザー・光学式)による寸法測定・形状評価、透過型X線検査装置・X線CT検査装置・浸透探傷試験設備による非破壊検査、ミクロ組織観察・X線回折装置による金属組織・結晶構造の確認、炭素分析装置・酸素/窒素分析装置・携帯型成分分析計による成分分析など、万全の検査体制で製品の品質を確認しています。

  • 3次元測定装置(接触式・レーザー・光学式)3次元測定装置(接触式・レーザー・光学式)
  • X線回析装置X線回析装置
  • 炭素分析装置炭素分析装置
  • 透過型X線検装置透過型X線検査装置
  • X線CT検査装置X線CT検査装置
  • 酸素・窒素分析装置酸素・窒素分析装置
  • 携帯型成分分析計携帯型成分分析計
  • 浸透探傷試験設備浸透探傷試験設備
  • ミクロ組織観察ミクロ組織観察
  • (常温・高温)引張試験装置(常温・高温)引張試験装置