採用情報Recruit

一緒に未来に
挑戦する
仲間を求めます

新型コロナの影響で、大変な時代がやってきました。
日本だけでなく世界的な大惨事です。
この影響は今後も続くと考えねばなりません。
しかし、現実は現実です。
現実に対処し、
どのように乗り越えていくのか
企業として求められています。

この状況は試練であるとともに、
大きなチャンスに変える必要があります。
企業にとって、これはまさに使命です。
こうした積極的な思考法こそが、
これからの時代には必要だと感じています。

幸に当社では、
金属熱処理加工という専門的な技術のおかげもあり、
安定的に仕事は供給されています。
しかも外国に依存しないビジネス構造なので、
可能性に満ちた未来が描けます。

大阪冶金興業では、
この変化する時代に、一緒に挑戦する仲間を求めています。
一番大事なのはピンチをチャンスに変える柔軟な気持ちと知恵です。
今を好機と捉え、熱い心を持って、
一緒に未来へ向かって歩む仲間に加わっていただきたいと思います。

代表取締役 社長
寺内俊太郎

求めているのは、
大阪冶金興業の未来をつくる人財です。

クリックすると動画が見られます。

大阪冶金興業では、これからの事業の根幹
を担う社員を募集しています。

ところで、大阪冶金興業について、
どれだけご存知でしょうか。
正直なところ、「知らない」という方が
ほとんどでしょう。
大阪冶金興業は創業80周年を
迎えようとしています。
実は、知る人ぞ知る金属熱加工メーカーなのです。

大阪冶金興業には日々新しい案件が持ち込まれます。
それは、「大阪冶金興業にしかできない」「大阪冶金興業ならなんとかできる」
とお客様から信頼をいただいているからです。
したがって、大阪冶金興業が求める人材、それは果敢に挑戦する
チャレンジ精神を持つ人財だと言えるでしょう。

例えば、顧客要求を満たす熱処理方案の作成、金属素材から製品化までを担い、
金属3D積層造形技術を使った医療分野の製品開発、
さらには国家プロジェクトに関わる研究・開発に携わる技術職。
そして、生産現場を支える製造職と、顧客と技術・製造現場を繋ぐ営業職。
これまでの誇り高き歴史を踏まえつつ、
新たな領域で、斬新な発想を活かしたビジネスを展開します。

大阪冶金興業は、ともに輝く未来を創造する、あなたを待っています。

独自な取り組みで職場環境を考える
大阪冶金のSDGs

大阪冶金では、従来より社員の職場環境や地球環境をより向上させるために様々な試みを行っていました。そうした基礎の上に、あらためてSDGsという世界規模の流れを取り入れて日々改善に努めたいと考えています。

従来から行ってきた大阪冶金の
環境への取り組み

手洗いやうがい・健康について・働きがいについて・仕事環境の改善策・ゴミの分別・電気の節約など、従来から行われてきたことを、SDGsの枠で再度意識することにより社内のコミュニケーションのさらなる質の向上を目指します。

80周年を迎えた大阪冶金の
次の10年を考える

職場環境はもちろんですが、地球環境にも大阪冶金は取り組んできました。例えば、太陽光発電や井戸水の利用など自然のエネルギーを利用できるシステムを構築しています。大阪冶金は2030年を独自に「行動の10年」と位置付け90周年に向けて企業文化の継承を目指します。